Contents

風力発電装置のどのような

この運転の事実にもかかわらず、新規性を失っておらず、特許可能と思われる理由って何ですか?発明箇所、運転場所で異なってくるですか?(1)発明した部分が風力発電装置のどのようなであれば公知にはなりませんか?(2)運転した場所はどこであれば公知になりませんか?(3)新規性喪失例外に該当するためには、風力発電装置の運転目的が何であったか?(4)新規性喪失例外に該当するためには、特許出願時と運転時の時間的関係がどのようなであったか

今回の事例では、(1)運転した発電装置に使用されていれば、どの部分であっても公知になります



great capture

よろしくお願いいたします

個人もあれば、企業・自治体・・・世間に対してのアピールも含め・・・僻地など〔送電などに・・・〕色々と・・・

遠い将来を考えてもベストの方法と思います

自然を利用するには安定供給という面からまだまだ多く、かつ技術も進んでいません

最終的には充電池に充電できるようにしたいですが、不可能なでしょうか…

発電しているかどうか、発電しているとしたらどのぐらいの電圧が出ているかといったはテスターを使って調べてください