HOME >相続財産には含まないと >相続財産に含めて

しかし、保険金額が大きく、相続人の間で不公平になるもあり、判例によっては特別受益とみなされ相続財産に含めて分割するになる場合もあるとききます

おっしゃるとおり保険金は相続財産には含まれません

相続は2親等までで、周りには4親等、3親等がおります

調べあげた上ですから、本人らが家裁へでもOK、司法書士で十分ですね

私が思っているは、財産ですが、私(相続人のうち一人)がリフォームローンを組み支払っている、リフォームした家を3等分されるが納得いかないというです

まず財産評価基準について説明します

保険会社に強く訴えれば、回収していただけるでしょうか?

入院給付金の、後妻さんなら行使ですが、お父様ならなりますこの場合には、文書偽造の疑いが出ます他にもあるとのですので、その分与に際して天引きできると思います追記保険会社の回答では、保険金を請求する段階で、すでに相続が開始しています保険会社も「他の相続人の合意」と言っています生命保険金なら、戸籍謄本で証明しないとダメですが、入院給付金というで「迅速な対応」に置いたかも知れませんともかく、給付金の請求書が偽造された可能性があります保険会社には、請求書が残っているですそのコピーをもらいましょう身分関係を証明すれば拒む理由はないですそこに偽造されていれば、かなり重い犯罪です保険会社の処理に落ち度があれば迫るも可能ですが、最も悪い相手に的を絞りましょうもし、後妻が偽造していたなら、相続人から廃除される可能性があります(財産の不当処分)つまり、①遺産分割は請求できず②すでに受け取った給付金は返還というペナルティを受けます相続したとして計算するよりありません追記②私に勘違いがありました廃除は、被相続人の意思によるとされていました従って、廃除の適用はありません申し訳ありませんでした